EF40mm F2.8 STM を購入しました!


EOS 60D ダブルズームキットを購入して1年以上経ちました。1年以上使っていると、もっと明るい単焦点レンズが欲しいなとか、生意気なことを思ったりするわけです。撒き餌レンズとして名高いEF50mm F1.8 II とか、APS-C なんだからもう少し広角側の 32mm ぐらいの単焦点レンズとか、そんなあたりが欲しいなと思ったりするわけです。

そんな中で発売されたのが EF40mm F2.8 STM です。キットレンズと比べればずっと明るい F2.8 で値段もそんなに高くなくて初単焦点レンズとしても悪くなさそうということで、これは欲しいと思っていました。ずっと欲しいと思っていました。

そして、ついにこの年末年始のドサクサにまぎれて購入しました!

EF40mm F2.8 STM + EOS 60D

パンケーキレンズという奴ですね、いいですね。というわけで、新年早々 EF40mm F2.8 STM で撮影してきました!

藁ぼっち
日比谷公園 鶴の噴水
京橋の欄干柱
楠木正成像
東京駅

単焦点のレンズを使うことで、ズームレンズとはまた違った撮影の面白さを感じることができているような気がします。APS-C で 40mm という焦点距離は、フルサイズに換算すると 1.6倍して 64mm になります。実際に撮影した印象も、これは中望遠レンズなんだなぁという感じです。構図を決めるために、いかにもそれっぽく前や後ろに移動して頑張っている自分がいます。なかなか楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。